<日中活動と住まいの場の組み合わせ>

 入所施設のサービスを,昼のサービス(日中活動事業)と夜のサービス(居住支援事業)に分けることにより,サービスの組み合わせを選択できます。
 事業を利用する際には,利用者一人一人の個別支援計画が作成され,利用目的にかなったサービスが提供されます。
 例えば,現在,身体障害者療護施設を利用している,常時介護が必要な方は,日中活動事業の生活介護事業と,居住支援事業の施設入所支援を組み合わせて利用することができます。地域生活に移行した場合でも,日中は生活介護事業を利用し続けることが可能です。

日中活動の場・住まいの場
日中活動の場・住まいの場

※障害者総合支援法では,ケアホーム・グループホームの統合がポイントです。ご注目ください。